外周列車

開園当初から1968年ごろまで運行していた園内をめぐる外周列車。
スポーツランド(西)側、おとぎの国(北)、冒険の国(東)側に駅が存在し、50人乗りで1.4キロを一周しており、70年頃ドリームハイツ建設で敷地が削られたことにより廃止された。敷地
奈良の外周列車は1067mmに対し、横浜の外周列車は軌間762mmのナローゲージである。

●編成パターン(確認されているもの)
SL(深緑色)+タンク車(赤色、人が上に載っている写真)+オープン客車+車掌車
SL+オープン客車+オープン客車+車掌車

●推測車両数(調査中)
SL(機関車)×2
タンク車(客車)×1以上
オープン客車×2以上、2タイプ存在
車掌車(客車)×2以上



展望台の上に差し掛かる外周列車の様子(毎日グラフ 1966)


公式園内マップより。見た目の都合上、実際の設置とは逆向きのようだ。
1994年頃にはすでに描かれていない。真ん中のMAPは90年頃までの使用。

先頭車両(SL)は少なくとも2編成存在し、70年の運営終了後、1編成は展望台の上の休憩スペースとして飾られ、もう1編成は70年代子供の国のさらに西奥側(園外の一般道をはさみ、音楽隊の楽堂の前から見える位置)に置かれていたのがFBの音楽隊OB様の当時の写真で確認できました。
1編成は下記のように横浜市内の保育園に現存しており、証言とタイミングから考えて、上記の後者(西奥側放置)のSLが幼稚園に渡ったものと推測しています。

●園長先生談
25年くらい前に某鉄工所より譲り受けたとの事。(軽油のにおいがしていた)
ドリーム開園当初は緑色だったが、展望台設置時代は黒い。(78~9年ごろに塗り替えられていたという話も。)
滑り台を付けて遊具にし、トーマス色に青く塗っていた。その後黒く塗りなおした。

現在は遊具としては利用しておらず、子供が入れないように覆っている。
数年前、五大路子さんの訪問時から変わらない状態。今後何かをする予定もない様です。
当時、現在の外周列車については
こちらのブログが詳しい。

※撮影は2017年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA