入園料一覧

時代と共に変化した横浜ドリームランドの入場料一覧をまとめたページです。
途中から登場した中人券は早期になくなり、小人の扱いが3歳以上小学生まで、後期は身長120㎝以下、2歳以上などかなりの値上がりがあります。
周遊券は園内の乗り物とプールかスケート利用ができてお得。80年代では乗り物にA軍とB軍が振り分けられ、周遊券AとBタイプが存在した。
団体割引は幼稚園、小学校、一般や来園者数で多様に存在するので、まとめるのが難しいです。ホテルがあったころは宿泊割引もあったと思われます。
70年代は例によって資料が少なく、調査中です。

▼料金表※クリックで拡大(別窓表示)

70年代子供の国

70年代には、役8年間くらい、子供の国が園内入り口西側に存在した時期があります。

この『子供の国ハイツ建設後、園内手前西側移動説』ですが、
この度結論が出ました!(70年代ページで追記はしたのですが)ので、補足を含めて改めて解説します。


元祖「子供の国」はもともと園内東奥側に位置した、ドリームハイツの建設に伴い敷地売却された場所です。
ハイツ建設の1970年には子供の国にあった遊具は撤去または少し西となり側に位置し、
間一髪売却を逃れた場所「おとぎの城」周辺に移された・・・・ものだと思っていました。

しかし80年専門誌「レジャー産業」のシャトルループ建設時の記事では下記のように出ています。

「ちびっこ動物園、飛行塔、お伽列車、ピーターパンなどは・・・シャトルループの建設後に移動」当時の園内図(下図)を見ると、子供の国の名称は既になく園内西奥側のお城の周りに「元おとぎの国」内のお伽列車、飛行塔が存在。
これは、自分の認識していた、「ハイツ建設後に引越しした」場所です。

※クリックで拡大
ここではじめて「え?じゃあ、子供の国の遊具って、ハイツ建設後いったん入り口付近の西側に移動したの?!(大幅移動すぎるよ!)」
という疑惑が出てきました。
でも、敷地削去頃に、あの「野外ステージ」も大規模移動していることだし、その時にいくつかの遊具を移動させた『園内大整理』があったのかもしれません。
(大海賊やジャングル探検船やドリーム銀座はその後に作られたのです。)
70年代中期の記録(ハイツ建設開始~シャトルループ以前)は、報道記録もなく、住宅地図ですら60年代から更新されておらず、探せばあるのかもしれないが、とにかく自分の手元に資料のない、園内施設の移り変わりの情報がゴッソリ抜けていた時代でした。

音楽隊の楽堂(詰所)はちょうど園西手前の道路を挟んだ外だったので、取材の際に聞いてみると
「シャトルループ以前はあの場所には小さな汽車があって線路が囲うように小動物のいる場所があった」と判明。
その時にちびっこ動物園とお伽列車が確かに移動していたことがわかり、だんだん見えてきました。

もともと園入り口西側は、シャトルループ建設前は、月世界探検館、ロープウェイの乗り場クジャクの飼育小屋などがあったりと
遊具があった場所ではなく、それらがなくなった70年代、何が建っていたかの情報があやふやでした。

そんな中で、決定的な証拠として楽堂前の70年代中期頃のフェンス越しに園内の該当箇所が写った写真が見つかりました!!↓

元音楽隊員さんが、パレード後記念に撮影したものですが
なんと背景に飛行塔とピーターパン、とピンクの建物(用途不明)が写っていました!

それで、やっと抜けた情報(パズルのピース)が埋まりました。

ということで、結論は

①元祖子供の国(園東奥側)
②70年頃ハイツ建設時に西手前に移動(ちびっこ動物園追加)
③79年シャトルループ建設後はお城の周囲に再び移動

です。

②70年代の子供の国のイメージ


(想像なので、この場所について思い出した方ご連絡ください。修正します。
写真のフェンス後ろの柵はなんだろう?)

もしかしたら元祖こどもの国にあったデイジィチェアーや水上スクーターなどの遊具も②の一帯に移動していたのかもしれません。
ちなみに、ピーターパンは③の移動の際に無くなっているようです。

また、③の時代「子供の国」の名称がいつまで残っていたか定かではありません。虹のゲートがかかっており、独立した場所ではあったようですが、プールの裏に位置するため客足が少なく、当時の人の記憶にも残りにくい場所であったようです。
1990年までは存在したようですが、お城が取り壊された後場所ごと無くなっています。
③の時代も園内地図こそあれ、写真は②の時代と同様にめったに存在しないのです。他にも情報が出てくることを祈ります。

 

 

 

探偵物語09話に登場するお伽列車の駅舎(こちらは、79年冬放送でシャトルループも出てくるため、子供の国自体が③(東奥)に戻ってからのモノ)
ピンクだけど、上記の②時代の写真とは違う建物かもしれませんね。