ドリームスポーツプラザ

ドリームランド閉園後、2004年12月12日まで営業していたドリームスポーツプラザの頁です。

80年代に出来始めた、遊園地に併設したアミューズメント施設軍であり、90年代頃からドリームスポーツと総称されるエリアとなった。
ドリームランドが閉園した後も、この一帯は営業が続き、フリマ開場などのイベントも定期的に開催された。
横浜薬科大学に敷地を売却となり、全ての施設が営業終了となったが、現在もジョイパックドリームやテニス場、グリーンパレスの建物はキャンパスの施設として利用されている。

施設概要
●アミューズメントビル・ジョイパックドリーム内
2F 横浜ドリームボウル24レーン 
B1F カラオケスタジオパロマ(カラオケ・卓球場) 26室
過去・1Fビリヤード、喫茶(レストラン)ブローニュ
B1F ディスコスタジオ、ゲームセンター
ビリヤード部分が現在の横浜薬科大学内ローソン



カラオケパロマ、レストランブローニュ、ドリームボウル内観、ゴルフガーデン(1991年パンフレットより)
その他、卓球場やゲームセンター、レストランなどのテナントが出入りしていた。

●ドリームフットサルクラブ 人工芝コート2面
●スピンクスインドアテニス横浜 

インドアコート7面 アウトドア4面
●ドリームゴルフガーデン 2階建て21打席

●大宴会場グリーンパレス
詳しくは80年代施設紹介ページをみてネ。


ドリームボウルは今 
横浜薬科大学の食堂の横に6レーンのみ残され、
主に学生のみが利用できる。

※撮影は2016年