ヘイヘイおじさん取材レポート

7月末日の猛暑の中、横浜ドリームランドの跡地に行くこととなり、ヘイヘイおじさんこと新井俊次さんにお会いできました。
事前にHPに顔写真掲載の許可をご依頼する手紙を送っていましたが、自分の電話番号を書くのを忘れたため連絡が取れず困っていらっしゃいました(すみません。)
跡地訪問の時に人づてに運よく連絡が取れたので、質問リストを作成していませんので、昼食を取りながらの雑談のようになりました。今回はそんなゆるい雰囲気のレポート(箇条書き)です。


2018年撮影

〇ミュージックエキスプレスについて
ヘイヘイ(掛け声)は、小泉今日子が学園天国をカバー(1989年頃)し、ヒットしたのの真似をしてやっていた。怒られるかもしれないと思っていたが、特に怒られなかった。
ミュージックエキスプレスの人気は、すごいものだった。
他のアトラクションが空いているにも関わらず、ヘイヘイおじさんの休憩中や、故障時(元は施設、修理担当のため、アトラクションが壊れたら自分の手で直すことができます)も直るまでお客さんが列を作って待っていた。1~2回は分かるが、10回以上も乗っている人もいた。閉園時間を過ぎても、ミュージックエキスプレスだけ明かりをつけて、遅くまで運転していた。10時を過ぎることもあった。
他の従業員の運転では、やはり人気が出ない。そのためヘイヘイおじさんには休みがなく、帰宅したら声が出なくなってしまう日々であった。
閉園も決まった頃は、時間通りに帰れないことが多かった。あと1回、あと1回が何度も続いた。休憩時には、園内アナウンスで今から行くから待っててね~と言っていた。他の遊園地ではできない事だと思う。
閉園後、ミュージックエキスプレスは、メリーゴーランドなどと一緒に小山ゆうえんちへ引き取られる話が出た。しかし、条件はヘイヘイおじさん付きでとのことで、栃木まで通勤できないので断った。ドリームランドの地が好きであり(現在も近くにお住まいです)他の遊園地じゃだめというのがドリームランドにはあった。
結局、ミュージックエキスプレスは中東の国クウェートに渡った。現在も稼働しているので、行ってヘイヘイやりたい。通じないかもしれないが。
※ミュージックエキスプレス(とレインボー)は、『Kuwait Magic Island Park』に現存しているようです。
海岸沿いのショッピングモール兼、遊園地の一帯です。

ヘイヘイおじさんの衣装はメリーポピンズをイメージした高級品。(※製作は筑濱プロダクション)013年の夢座の舞台「横浜ドリームランドへの手紙」では当時の衣装を着て出演した。

2013年横浜夢座の展示品


若い頃の貴重なブロマイド

〇オフのヘイヘイおじさん
会社が終わったら、ドリームボウルによく行っていた。
子供に見つかってたくさん集まってきてしまうので、練習にならなかった。子供にボウリングを教えるイベントも行った。
大船の銭湯に週3で行っていた。サウナで汗を流してダイエット、しかし入った後おいしい食事をしてしまっていた。
お酒は飲めない。もともと好きじゃないが、ジュースと間違えてカクテルを一気に飲んでしまって、真っ赤っ赤になってしまったことがあった。

〇現在
夫婦で元気。ドリームランドの近くでずっと暮らしている。
車(人形がたくさん飾ってありかわいい)がないとどこにも行かれないが、手放すことも考えている。
遊園地が無くなっても取材があちこち来る。とあるテレビ局のカメラマンと仲良くなり結婚式に余興できてほしいと言われたこともある。
お客さんからもらった手紙は全部大切にしている。ひとりひとりの事が気になり、日々考えている。

閉園後の備品の所在についても伺いましたが、最後はごちゃごちゃになってしまったものが多く、詳細は不明とのことです。
ミュージックエキスプレスの愛用マイクも、欲しかったけど行方不明になってしまったというお話が印象に残っています。
ヘイヘイおじさんはお客さんを喜ばせようという強い気持ちを持った真のエンターテイナーであり、今日現在も、ドリームランドのことを深く想っていらっしゃいます。
そんなとても素敵な人柄で、とても楽しい時間でした。お暑い中、本当にありがとうございました。今度は準備をしっかり行い、改めて、取材できればと思います。

「ドリームランドを語る会」レポート


去る2018年2月10日、藤沢の江ノ電沿線新聞社主催で「横浜ドリームランドを語る会」イベントが行われました。

参加者は元従業員さんが7~8名ほど、ドリームにゆかりのある人、遊園地好きが6~7人というメンバー。
さよなら横浜ドリームランド」を観て自己紹介とドリームについてを1人づつ話し、Facebookで交流させて頂いてる、元音楽隊さんからの70年代のパレード音源と参加者ご持参の横浜ドリームランドがロケ地になった「ザ・ガードマン22話」を視聴しました。

▼印象に残った話を箇条書き▼
・防衛博覧会(自衛隊協力)

戦闘訓練などの催しをドリームハイツになったあたり(正面入口東側?)で行っていた。防衛博で戦闘機がエンパイアホテルより下まで低空飛行した。
・初期のアトラクションは変速機が単純なものだったが、後々増えた外国輸入のアトラクションはプログラム運転なので修理が大変だった。シャトルループは毎朝点検していた。コンドルが運転中、途中で止まってしまい、はしご車で乗客を救出した。
・老朽化で難しいものもあったが、閉園の日は全部動かした。夜11時くらいまで動かした。無事終了できてよかった。
・ラクダに乗ってパレードなどもあった。(園内飼育担当)動物のお産にも立ち会った。
・フォーク・ソングが流行り、ドリームから新しいバンドが誕生していた。
・モノレール駅を壊す前に芸術グループがアトリエに使ってて、その中で映画上映をするので見に行った。
(モノレール運転中は定期をもらって出勤していた社員さんもいました)
・ヘリの遊泳はエンパイアホテルなどがないころは江ノ島まで飛んでいた。園内回周は3000円、江ノ島は5000円だった。
・「キイハンター」にはドリームランドが良く出ていた。
・今のようなコンピュータ操作や自動でなく、アドリブや人が動かしている暖かさがあった。
・「
湘南あそびが丘」と言う名称は、宮廷庭園が無料になった時(ラブスクエア)ごろから付けたのだと思う。
⇒これは疑問に思っていて、手持ちの資料には正確にわかるものがありません。
85年以降は使われているようなので、正確にはドリーム自体が敢えて「日本向け」を意識してPRを始めた、TDL誕生前後頃かもしれないと思ってます。

参加者様の貴重な話を聞かせていただき、本当に有意義な時間でした。
主催の江ノ電沿線新聞社会長の吉田克彦様はこのイベントを開催した趣旨として地元ながら若い人が横浜ドリームランドの存在を知らなくなっている事を挙げられていました。

それはまさしくこのHPを立ち上げた理由と同じです。
ドリームランドの素晴らしさを当時の方々に失礼のないように、閉園後に生まれた人たちにも伝えていく資料館のようにHPを作っていければと思っています。
課題は、ドリームに縁のある人々がインターネットを利用しない世代なために、なかなか見つけていただけないところです。

形が無くなった横浜ドリームランドを語り継ぐために、ネットだけでなくこうしたイベントや展示会を企画できれば、多くの年齢層の方に知って頂けるのかもしれません。
今回は当HPの宣伝をする時間も作っていただけましたので、これを機に認知が少しでも上がれば、と願っています。

▼会場で聴いた音楽隊の音源(1972年1月9日のもの)です。
サプライズでした。有難うございます!