潜水艦

開園当初より親しまれた潜水艦の中に入り、水中のレールを走り展示された魚を見るアトラクション。3号までが存在し、初期にはそれぞれに名前がついていたようだ。
開園当初は黒塗りの潜水艦だったが、カラーリングは時代によって変わり、
99年(97年?)に変更された1~3号まで統一された黄色地に青のラインが入ったものが晩年の仕様となった。
製造はジャングル探検船と同じ、三保造船から墨田川造船となっているので途中入れ替えがあったと思われる。各船の名前はYD-01~03→SŌYA、FUJI、後1つ不明→YDL1号~3号が判明している。
また80年代後半頃から、園裏に1隻(リストラ?)放置されていたらしい。
潜る潜水艦のアトラクションは日本で唯一(姉妹奈良を除く)を誇ったが、
現在は名古屋のレゴランド・ジャパンにサブマリンアドベンチャーが存在する。
またもともとモデルとなった、アナハイムのディズニーのサブマリン・ヴォヤッジ(こちらも時代と共にカラーリングがかなり異なる)が『ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ』となって現役である。(色も似ている。)

★元潜水艦スタッフの方に以下の事をうかがいました。
・毎朝軽油を入れる。
・毎朝水をきれいにするために薬を撒く。
・水中にレールがあり、それに沿って動く。
・潜水艦を2台運転するときは、綱でひっかけてレールの上に持ってきて、支柱を落としてレールに連結する。
・支柱がすごく重くレールにはめるのは大変な作業。
・放送案内は台本があった。


初期の黒く渋い姿。

絵葉書 1965年より


イエローサブマリン、赤いラインと青いラインが存在した時代。
3号は真っ赤であった。
(ゆうえんちぴあ 1992、青色は1995年、真っ赤は1990年撮影、セブン道楽様提供)



晩年のカラーリングと内部
(るるぶ 首都圏遊園地&テーマパーク 1999より)


入り口と顔ハメ看板。(後ろはボブスレーのレーン、ビックリハウス)

閉園直前ピンナップ?いろいろ 閉園間近の風景ページでも少し公開中。



遊園地裏に存在した潜水艦。
(1990年、1995年 セブン道楽様提供)


伊集院光日曜日の秘密基地 2006年当時の情報です。

横浜ドリームランド・潜水艦の思い出
外観、内観、乗り場の様子など

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA